HOMEいつどんな工事が必要か?

いつどんな工事が必要か?

いつ工事すべきなのかあ、分からない…

部位によって工事適正時期は異なりますので、一般的な目安を知っておきましょう。


だ規模修繕工事の前に学ぶこと|いつどんな工事が必要か?

工事時期の目安について

屋上防水工事 10〜15年周期

屋上防水工事めったに目にすることのない屋上ですが、写真のように排水口がつまり水溜りが出来ていることは、珍しいことではありません。
また、雑草が根を張り防水層を破壊するなど、屋上には多くのトラブルが潜んでいますので、定期的な点検は欠かせません。
防水改修工事には主に塗膜防水やアスファルト防水、シート防水といった種類があり、既存の防水層の状況などによって改修方法を選定します。

 10〜15年周期

外壁改修工事10〜15年に一度、定期的に行う重要な工事です。足場を設置し、外壁の補修および、塗装塗替工事を行います。
資産価値・建物躯体の機能維持や、躯体の保護を目的として行われます。

シーリング工事 10〜15年周期

シーリング工事シーリングとはサッシ枠と壁、コンクリート接合部などに軟性のあるシーリング材というものを詰め込むことです。
劣化すると写真のように浮き上がったり亀裂が入り、雨水が浸入します。こうした場合、サッシ等開口部回り、PC目地部、コンクリート打継部等、既存のシーリング材を撤去した後、シーリング材を打ち替えます。
足場仮設を必要とするため大規模修繕工事と同時期に行うことが一般的です。

バルコニー及び開放廊下改修工事 10〜15年周期

バルコニー及び開放廊下改修工事防滑性シートやウレタンが施工されているケースなどがが多くみられます。
また、接合部にはシーリング工事が行われてる場合もあります。日常、頻繁に利用される場所のため、工期を短縮できる工法などを採用することをおすすめいたします。

駐車場防水工事 10〜20年周期

駐車場防水工事重い自動車が日々行き交う過酷な状況にある駐車場の防水工事は、ビルマンション屋上の建物防水工事と比べ、より強固な施工が求められます。そのため、一般的な建物防水工事とは違ったノウハウも必要であり、駐車場防水工事を専門的に行っている施工店でないと解決できない問題が出てくる場合もあります。
近年は主に、ウレタンを使用しての施工が主流となっております。