HOME工事会社の見つけ方

工事会社の見つけ方

工事について何も分からないので、とりあえずだれかに相談したい

相談は直接工事会社に、が今の常識です

工事会社によって、得意とする建物の規模や工事の内容が違います。 お住まいの建物の規模や工事の内容、ご予算に合った工事会社を選択することが、内容的にも経済的にも良い工事につながります。「相談は無料」で対応してくれる工事会社が多いので、地元地域を中心に 問い合わせしてみましょう。


だ規模修繕工事の前に学ぶこと|工事会社の見つけ方

相談先によって、得意分野は違います

工事の相談先は主に工事会社・設計事務所・建物管理会社があります。およそ考えられる相談先は、左記の通りでしょう。さて、どこが一番良いのでしょうか?

お客様の建物の規模や管理体制によって、先ずは選択者が別れると思いますが、一番のポイントは、末永く安心して生活できる住環境をお客様と共に真剣に考え、お客様の疑問や心配ごとに解りやすくお答えし、アフターサービスや保証制度などについても、明快な説明を行う会社であると考えます。

大切なお客様の資産を守る大規模修繕工事ですから、難しい技術論を理解不能な専門用語で説明され、質問をするタイミングも無く、なんとなくそういうものかな、と言うような形で進めることはあってはならないと考えます。

特に、中小規模のマンションやオフィスビルをお持ちのお客様や、持ち回りで管理組合の理事になられたお客様方におかれましては、最低でも2社へ相談し、お客様としっかりとコミュニケーションが取れる業者を選択されることをおすすめ致します。

また、コストメリットとアフターサービスの迅速性をお考えになり、地域密着型の専門工事会社をお考えの場合には、施工実績や安全管理体制などを合わせて確認することがポイントとなります。

  メリット デメリット 要点のまとめ
工事会社

■施工および管理を直接行うので、中間マージンがかからず、低コストで良質な修繕工事を行うことができます。

■修繕工事業務が本業なので、適切な工事の提案ができ、より現場に近い意見を聞くことができます。

■社内の工事部に修繕専門の部署を持っている会社は少ないので、確認が必要です。

■ネームバリューのないところが多いので、施工実績など会社の情報をしっかり確認する必要があります。

■工事会社によって、得意とする建物の規模が異なりますので、実績を確認しましょう。

■修繕工事業務が本業なので、これまでの経験から適切な工事の相談・提案を受けることができます。

設計事務所

■第三者の専門家として、客観的な立場で工事の相談を請け負います。

■建物の専門家なので、工事のプランニングがしっかりとできます。

■管理組合の相談や修繕設計を行う設計事務所も増えてきてはいますが、実績の多いところは少数です。

■設計が専門なので、相談にはコンサルティング費がかかります。

■実績の数と内容を確認をしましょう。

■管理組合からの相談を請け負うところもあるので、組合内の調整役を頼めることもあります。

管理会社

■建物を熟知し、マンションの事情もある程度理解しているので、相談しやすい立場です。

■予算管理をしてもらうこともできます。

■社内に修繕工事に関する部署を持っている会社は少数です。

■管理会社のみを選択肢にしていると、競合がないので金額が高くなることがあります。

■管理会社の担当者が直接管理組合をサポートできる体制にあるのか、確認しましょう。

■上記の業務が、通常の管理費に含まれるかどうかの確認も必要です。