HOME建物調査って?

建物調査って?

建物調査って、例えばどんなことをするの?

まずは目視調査(一般的に無料)から始め、細部は機器を用いての調査まで様々です。

基本となる目視調査は、一般的には無料で行ってくれる工事会社が多いでしょう。危険箇所の注意を受けたら、有料の詳細調査へと進みます。


大規模修繕工事の前に学ぶこと|建物調査って?

建物調査診断の内容一覧

先ずはお客様より、経年や現在の状況について、詳しくヒアリングをさせて頂きます。

また過去に改修工事を行っているお客様におきましては、改修工事業者から保証書が発行され、保障期間中の場合もございます。ヒアリングに基づいて、目視により上記写真のような状態がないか念入りに点検を行います。

壁面などは特に、目視だけでは発見できない劣化が発生します。この場合は、打診(専用の金属棒を利用して)を行い、周囲との音の違いで、内部の異常を発見します。

チョッとした雨漏りは、雨水の進入場所を特定できないケースも多く、かといって放置をすると大きな損害につながります。この場合は、ポイントに散水を行うなどして、根気よく調査を行う必要がございます。軽くお考えにならず、多くの実績を有する工事店へ早めに相談することをおすすめ致します。

もちろん、大阪府を中心とする実績を多く持つ当社におきましても、上記のような調査診断を無料で行っております。お客様の疑問と心配に誠実に答え、診断結果に基づいて、治療方法(改修工事)をご提案することが、建物診断です。

目視調査

建物表面の劣化等を目で見て調査します。一番の基本となる診断です。

打診調査

調査箇所を叩き、その音の違いで目視では判らない浮きなどの劣化を調査します。

引張試験調査

下地に塗料がしっかり接着しているかを判断する調査です。

アルカリ分調査

鉄筋コンクリートの建物は、コンクリートのアルカリ分が低下すると鉄筋の劣化につながります。 コンクリートのアルカリ分を調べ、劣化の具合を調査します。


建物調査診断報告書

調査後にまとめられた報告書を参考に、建物をまとめて改修する大規模修繕工事を行うか、ひとまず部分補修だけで済ませるか、判断することになります。調査を行った工事会社のアドバイスも聞いてみましょう。