HOME発注前にコレは確認

発注前にコレは確認

発注前にしっかり確認すべきことは?

工事会社のココを調べておきましょう

  1. 見積りは、金額だけではなく工事内容と合わせて確認しましょう。
  2. 工事の失敗のほとんどは施工技術の問題。過去の実績をチェックしましょう。
  3. 施工会社の倒産で保証が曖昧になってしまわないよう、 規模や財務状況も調べてみましょう。

大規模修繕工事の前に学ぶこと|発注前にコレは確認

事前に再確認すべきことは?

末永い関係を築き安心できる生活環境を作り上げる上で、お客様ご自身が信頼できる工事業者を選ぶことが第一です。

お客様の建物に合った各種提案や将来へ向けての相談ができることなども大切なことです。ポイントを確認し、じっくりとご検討下さい。

見積もりの確認

見積書の内容と単価を比較してみましょう。設計事務所または工事会社に頼んで仕様と数量を算出してから、項目を統一して見積りをとりましょう。 項目ごとの比較表をつくり、金額の高い箇所はその理由を質問してみましょう。

施工実績を確認

工事会社によって得意とする建物が異なります。改修予定の建物と似ている工事実績があるか、新築では改修工事の実績があるかを確認してみましょう。 工事会社に頼んで、実際に工事をした物件や写真を見せてもらうのもよいでしょう。

財務状況の確認

施工後に工事会社が倒産してしまうと、保証期間中の対応に不安が残ります。前述の施工実績などと併せて、できる範囲で財務状況の確認も行いましょう。

保証・保険は?

工事後の保証・アフターサポート体制について確認しておくことも重要です。
アフターサポートを考慮し、あまりにも遠方の施工会社は控えることも検討してみましょう。